手提げ袋の便利さと環境問題への配慮

手提げ袋の便利さと多様性

手提げ袋の種類や用途は、多様性や幅広さを年々進化させています。元々「手提げ袋」と言うのは手に提げて持てるように、と「とって」がついた袋のことを意味します。デパートなど高級店で商品を入れる、高級感のあるイメージをもつ方も多いです。

デザイン性としての価値

お店で商品を入れてくれる手提げ袋と聞くと、デザイン性からお店のイメージや特徴を表す広告のようなも意味も表しています。しかし消費者としては「あのお店の手提げ袋が欲しいから、商品を買う」と言うお客様までいるくらい、その存在価値は大きく、手提げ袋が商品価値を上げる一つの要素にもなっています。そのため企業側もお客様のニーズやデザイン性など、多岐にわたる面をリサーチしてそのニーズに応えようと、手提げ袋を重要視しているところもあります。特に十代を中心とする年齢層を見てみると、学校へ持っていく持ち物を入れる袋として、特にショップの手提げ袋は活用されているほど人気のものもあります。このようなことからエコバックのような、「繰り返し使う」、「持ち歩く」、「手持ちの荷物をまとめて入れる」など似た面が目立つことも、特徴の一つと言えます。

素材の多さ

手提げ袋と聞くと、まず始めに思いつくのが「紙袋」と言う方も多いのではないでしょうか。デパートで商品を入れてもらう手提げ袋は、そのようなイメージが大きいです。安定した形と提げる部分の強度は、商品の素材を壊さぬように計算されて造られているかのようです。また近年、紙の素材以外の手提げ袋が続々と登場しています。特に目立つのは「不織布」で造れた手提げ袋です。元々、繊維を織らずに絡み合わせたシート状のものを素材としてこの手提げ袋は造られています。特に軽さの中に強度もあることから一部の書店では、紙の手提げ袋やポリエチレンの手提げ袋では本の重みに耐え切れない、と判断された場合この不織布の手提げ袋を活用する店もあります。

一番身近なポリエチレンの手提げ袋

ポリエチレンの手提げ袋は、一番身近に感じる手提げ袋と言えるのではないでしょうか。スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどといった場所で商品を入れてもらう、というイメージがとても強い手提げ袋と言えます。しかしその在り方は年々変化しています。環境問題に配慮した生活を心掛けようと、呼びかけるスーパーマーケットが「マイバッグ持参」を推奨するようになったり、今まで無料で配っていたポリエチレンの手提げ袋を有料化する動きが、どんどん広がってきています。マイバック持参、が広まっていく中で今まで当たり前だった手提げ袋の無料配布は、様々なことを考えるきっかけになりました。「一度利用したら終わり」、「無料で貰えるから」といったどこか安易だった考えを見直し、一人一人が環境問題に配慮出来ることの一つ、など様々な問題提起のきっかけになったと言えます。