手提げ袋の保管の有効性

お買い物でもらう手提げ袋は捨てるべき?保管しておくべき?

お店でお買い物をすると商品を入れてくれる手提げ袋。あなたは家にどれくらい置いていますか。相当な量を保管している人も多いのでしょうが、収納などのアドバイス本には「捨てるべき」という意見も見られます。はたして「保管」「捨てる」のどちらの方法が正解なのでしょうか。

保管しておくことのメリットは?

まず、保管しておくことのメリットを考えてみましょう。
1つ目として考えられるのは、何か家にあるのもを持ち運ぶ時に役立つということです。人に物をあげる時やバックに入れるまでもない荷物を入れたりする時に手提げ袋はとても役立ちます。その際にはやはり入れる荷物の大きさにあった袋があれば助かりますから、手提げ袋を置いておく派の人は小さいものから大きなものまでの袋を保管していることが多いようです。
ただし、手提げ袋の保管には収納場所を多く取ってしまうというデメリットが発生してしまうこともあります。その上、長年しまっておいた場合には紙袋にシミや汚れが出てきて使えなくなる場合もあり、保管しておいた甲斐がなくなるということも多々あるのです。

捨てることにもメリットがある

次に捨てる派の人のメリット・デメリットを挙げてみましょう。
もらった手提げ袋をすぐ捨てることの最大メリットは保管する場所を取らないということでしょう。いつ使うのか、使うことがあるのかもわからないものを置いておくのは収納スペースのの無駄遣いになりますので、もらってもすぐ捨てるというのも賢い選択です。そして捨てる際には紙資源としてリサイクル回収に出したり、ゴミを捨てる際に利用するという方法も有効な案と言えます。
一方、手提げ袋を捨てることには経済的な損失というデメリットが生じるかもしれません。例えば人に物をあげる時に袋がなく必要が生じれば、その際にお金を出して手提げ袋を買うことになり、余計な出費を生んでしまうのです。また、使えるものを捨てること自体に抵抗を感じる人にとっては「もったいない」というマイナスの感情を生じさせてしまうかもしれませんね。

適正な量を保管しておくのが無難

では、結論としてもらってきた手提げ袋は置いておくべき、それとも捨てるべきなのでしょうか。
正解は一概には言えませんが、適正な量の手提げ袋を保管しておくというのが最も無難な案だと考えられます。大きさの異なる袋を一定量だけ保管するようにし、それを超える量のものは処分するという方法をとれば、保管することと捨てることのメリットを活かすことができるのです。
そして、その保管の際にはできるだけ収納スペースを圧迫しないように、箱や書類立てなどを使ってしまっておきましょう。そうすれば使いやすさ、探しやすさもアップしますから、必要な時すぐ取り出すことができ、保管しておくデメリットを超える有効な使い方ができるのです。