手提げ袋は長く使ってもらえるデザインを

オリジナルの手提げ袋でアピールを

街を歩いていると、同じような手提げ袋を持っている人とすれ違って、どこのショップなのか気になった経験がある方も少なくはないと思います。オリジナル手提げ袋はショップをアピール出来るチャンスです。お得に手提げ袋を作る方法や人気の秘密をご紹介します。

手提げ袋はオリジナルで決まり

ショップなどを経営していると、商品を入れる袋は必ず準備しなくてはなりません。一般的な手提げ袋では購入してくれた方が持ち歩き、宣伝する機会があっても、どこのショップのものか分からずに宣伝効果はなくなってしまいます。大切なのはショップだけのオリジナル手提げ袋を準備することです。他にはないデザインの手提げ袋を持っていることでどこのショップのものなのかと好奇心を集めますので、宣伝効果は抜群です。
コスト削減のためにありきたりな手提げ袋を準備しているといったショップは知らず知らずのうちに宣伝する機会を逃していると言えるのです。もっと売り上げを伸ばしたい、もっと集客を上げたいといった方はオリジナル手提げ袋に変えることをおすすめします。

どのような手提げ袋を選ぶべきか

オリジナルの手提げ袋を取り入れる際、デザインなど悩まれるものと思います。ショップの名前を宣伝したいがために大きく名前を書かれる方もいます。確かにショップの名前を大きく書くことで宣伝効果は得ることが出来るのですが、ずっと持ち続けたい手提げ袋とは言えないのではないでしょうか。
手提げ袋を利用するのは買い物が終わって帰宅するまでの間だけとは限りません。お気に入りのデザインの手提げ袋であれば、学校や職場へ荷物を入れて毎日使われる方もいますし、ショッピングバッグの代わりに使用される方も少なくはありません。つまり、デザインを重視して手提げ袋を作ることで、継続して手提げ袋を使ってもらえるため、宣伝効果は継続していくと言えるのです。社名を大きく入れたい場合はデザインにも重視することが大切です。

コストを抑えて作るには

オリジナル手提げ袋は専門業者などで依頼が可能となっています。近年では直接業者へ行かなくても、インターネットなどで簡単に依頼することが出来るようになっていますので、忙しい方でもしっかりと話し合いを行って納得したうえでオリジナル手提げ袋を製作することが可能となっています。
業者へ依頼するとコストがかかると思われがちですが、袋の準備から印刷まで全て任せることが出来ますし、一枚からでも製作が可能となっていますので安心です。しかし、コストを出来る限り削減したいときは一度にまとまった枚数を依頼することで一枚あたりの単価が安くなる傾向にありますので、経営方針などを視野に入れながら依頼されることが大切となります。